存在の病、あるいは孤独な絶望者の手記

存在の病、あるいは精神的地下室の手記

人生に絶望した男の精神的リハビリ雑記ブログ──人生哲学、思想っぽいもの、小説、詩、本の感想など

短編小説

ソウル・ポート

文字数:約8000字 テーマ:死後の世界、自殺したらどうなるか? keyword:魂、死後、ポイント制、輪廻システム ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。 死んだ者の魂をあの世へ輸送するとこ…