存在の病、あるいは孤独な絶望者の手記

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

存在の病、あるいは精神的地下室の手記

人生に絶望した男の精神的リハビリ雑記ブログ──人生哲学、思想っぽいもの、小説、詩、本の感想など

ソウル・ポート

文字数:約8000字 テーマ:死後の世界、自殺したらどうなるか? keyword:魂、死後、ポイント制、輪廻システム ※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。 死んだ者の魂をあの世へ輸送するとこ…

遺伝子は隠しパラメータみたいなものであって、遺伝子が人の性格や人生のすべてを決定するわけではない【後編】

人生は遺伝子に左右されるのではなく、積み重ねた経験によって左右される。そのことを脳科学や精神分析の考え方を織り交ぜつつ、天使との対話を通じて哲学的に綴ってみた、そんな文章。(※本記事は対話形式で書かれています。苦手な方は閲覧をご注意下さいま…

遺伝子は隠しパラメータみたいなものであって、遺伝子が人の性格や人生のすべてを決定するわけではない【前編】

遺伝子が人の性格のすべてを決めるのだろうか? 人生は遺伝子によって支配されるのだろうか? だとしたら僕の抱える生きづらさの原因は遺伝子のせいではないだろうか? なんてことをつらつらと書き連ねた文章。

この世界は神様が創った究極のVRゲームらしい

人生に絶望していたら、なんか天使が現れて、この世界や人生の真実について、頼んでもいないのに勝手に語りだした、みたいな話。(※この記事は途中から対話形式で書いています。苦手な方は閲覧をご注意願います。)